nishik-t: 2008年6月アーカイブ

秋葉原全体の年間売上高は、40兆円(公称)だそうです。
日本のGDPが2007年で約500兆円ですので、数字だけ見ると、その8%程度に達するということですね。
まあ、そう単純に比較できる数字ではありませんがw
でも、この数字はすごいです。
秋葉原が冷え込むと日本の経済も冷え込むかも知れません。
秋葉原に行ったことがある人ならわかると思いますが、外国の観光客(主に買い物目的)も沢山居ます。
国外から見ると、先日の事件はより深刻に見えるでしょうから、外国からの観光客も大分減ることでしょう。
勿論、国内の観光&買い物客も相当減ると思います。
(まあ、その分、別の所で買うとか、通信販売で買うとかはあるでしょうけど)
今までギリギリでやってきたような小さなパーツ屋などは経営の危機に直面するかもしれません。
人が減ると、メイド喫茶とかその他の飲食店、ゲームセンターなどは大きな打撃を受けるかもしれません。

今回の事件で、秋葉原は危険な街だとか、秋葉原に行く人間は危険だとか、そういった間違ったイメージが広まらないことを祈ります。

"青少年ネット規制法"が成立、携帯事業者にフィルタリング義務付けなど (INTERNET Watch)

参議院本会議で可決・成立したそうです。
これで、この法律は確実に施行されることになった訳ですが、
果たして、フィルタリングの方向性(臭いものに蓋)は正しいのか?と考えてしまいます。

確かに、子供が見るべきでないような内容のサイトは現実に沢山有って、お子さんがいる方であればどうにかしたいと考えていることかと思います。
でも、いくら規制したところで穴はありますし、子供がどうしても見たいと望めばなんとか見れるのが現実です。
例えば、今回の法律では、親が望めばフィルタを導入しないことも可能です。
つまり、友達に一人でもフィルタを掛けていない人がいれば、その人の携帯で"有害"とされるサイトを閲覧することができるわけです。
もうちょっと賢い子供であれば、プロキシサイト経由でどんなサイトも見れるでしょうし、
そういったフィルタをくぐる為のサイトは確実に現れることでしょう。

まあ、フィルタリングを掛けることで有害サイトを見てしまう子供は確実に減ることでしょう。
でも、どうにかして見てしまうお子さんはゼロにはならないのです。

こういったフィルタがある意味有効であることは確かですが、隠すだけでなく、見てしまう子供がいることを前提に対策を考えていく必要が有るのではないかと思います。

今は、ネットや携帯が(ほぼ)必須の社会ですから、有害なサイトを見たところで悪い影響を受けないような子供になるように教育していくほうが重要なことじゃないでしょうか。

そして、そういう教育は家庭内でも必要ですが、きちんと学校の授業で教えるべきことじゃないでしょうか。

日本には、僕も含め無宗教の人が多く、道徳や倫理というものを教わる機会が少ないと思います。
「他人に迷惑を掛けなければ何をしても良い」と本気で考えている人が多いんじゃないですか?
宗教の教えや縛りがない以上、道徳観が薄くなるのは当然ですから、そのあたりを重点的に義務教育で教えるべきですよね。

そして、免疫力は、ある程度は悪いものにさらされなければ得ることはできません。

超便利ツール!

リンク集


GPPointer
ゲームパッドでマウス操作と一部キーボード操作を行うための自作ソフトです。
アナログスティックで気持ちよくカーソルが動きます。
寝ながら快適にパソコンを操作する為に作りましたw
良ければ使ってください。

完全に動かなくなるまで乗りますよ?
車(日産パルサー)関係はこちらへ
走行22万キロを越した老車の記録です。
パーツインプレッションなども書いています。

ほくろぐ
友達のブログです。自作PC系の話題が豊富です。

陶器職人@momo
友達のブログです。自作陶器を製作&販売しています。
近辺にお住まいの方はお店(チャレンジショップ)に行ってみては?

ヌーディストライフ
ヌーディストの知り合いですw
僕はヌーディストではありませんがっw
BIGLOBEのブログランキングで常にTOP10に入るお化けブログですよ。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

ログール

Amazon

AD

このアーカイブについて

このページには、nishik-t2008年6月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはnishik-t: 2008年4月です。

次のアーカイブはnishik-t: 2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。