Dragonlanceの最近のブログ記事

遅ればせながら買いました。
というか、出ていることに気づいていなかった・・・。

届いた本の帯を見てびっくり。
ドラゴンランスシリーズが完結する?

早く読みたい!けど読みたくない!

しかし、この手のマイナーな本はもう書店で見ることも無いですね・・・。
書店もギリギリの経営で、売れない本は仕入れないそうで。

せっかくの名作なのに目に留まらなければ意味が無いです。

せめて始めの一冊くらいは書店に置いてほしい。
そうすればたまたま手にとって読む人もいるだろうし、続きが読みたければネットで買えばいいし。

さて、本編はまだ一ページも読んでいないけど、ドラゴンランスの最終巻ともなればきっと怒涛の展開を見せてくれるのでしょうね。
「伝説」とか「夏の炎の竜」あたりの盛り上がりを期待しつつ、少し寝かせておこうかなw
もったいないし。

なんか、アスキーの公式サイトでこんなフェアが開催しているのを発見したが・・・、もう終わってる!
というか昨日までですかぁ ...orz

でも、アスキーのサイトの今後の刊行予定にドラゴンランスの文字がありますよ?
ドラゴンランス 失われた伝説

どうやら最初のシリーズの時の話らしいですね。
1巻は3月刊行とのこと。
楽しみですね~。


dl01.jpg

勝手に作っちゃった人がいます。
素人にしては良く出来ていますよ?
スタームの人はイメージつかんでますw
鎧も良く出来てるし。
タッスルとタニスはまあまあか。

キャラモンは微妙。
レイストリンは金色過ぎw
小道具はそこそこ良く出来ているが、青水晶の杖は小学生の工作並みw
キティアラは、もうちょっと色気が欲しいか。

この映像の数年前のバージョンは見たことあったけど、シーンが追加されてちょっと豪華になってます。
映画化がアニメということで少しがっかりしたけど、実写でこのレベルだったりしたらもっとがっかりですな。

ドラゴンランス セカンドジェネレーション〈下〉
ドラゴンランス セカンドジェネレーション〈下〉

発売当時、なんとなくスルーしていたために今になって手に入らないという"落ち”になりかけましたが、
Amazonのマーケットプレイスで新品同様品を購入できました。
上巻はいまだに新品があるが、下巻が品不足ということは上巻が思ったほど売れずに、
下巻の発行数を絞ったということでしょうか・・・。
まあ、そんな邪推は置いておいて、内容について。

本書は、大きく4篇で構成されています。
「レイストリンの娘」は、富士見書房版のドラゴンランス外伝「英雄伝」に収録されていましたが、
(本書のあとがきにもありますが)当時、本編とは完全に外れた、いわゆる「外伝」的作品と思っていましたが、意外にもこれが「夏の炎の竜」の伏線になっている訳です。

「わが子のために」は、タニスとローラナの息子ギルサスのエピソードです。
タニスの「人間臭さ」はそこらの人間以上です。
ローラナの「迂闊さ」もエルフ離れしているかとw
ある意味お似合いの夫婦です。
このエピソードは、実はドラゴンランス最新シリーズ「魂の戦争」にとって重要な意味を持っています。
そして、「魂の戦争 第一部 落ちた太陽の竜<下>」を読んだあとなので、さらに大きな感慨を受けました。
そういえば、サマールはここから登場してましたか。

夏の炎の竜の第一部も収録されていますが、今回はスルー。

ドラゴンランスの小説は、AD&Dのキャンペーンシナリオと深い関係がありますが、そのルールを実際に読む機会も少ないと思います。
本作には、その追加ルールブックの中から、「タキシス騎士団」について書かれた部分が抜粋されています。
これを読むと、ドラゴンランスの世界が非常に緻密なルールに則って作られていることを垣間見ることができます。

本編と関係ないのですが、ドラゴンランスの復刻版~最新翻訳版で思うのは、装丁の帯のコピーが安っぽいこと!
まあ、若い人に読んでもらいたいのでしょうけど、「ゲームより面白い」とかちょっとどうでしょう・・・?

あと、文庫版も出したらどうでしょう?
長いシリーズなので、人に勧めるのが難しいです。
(入手の難しさ、価格の高さ)

新しいファンも定着した頃でしょうから、かつて出版された画集とかその他のの発行物も復刻していただきたいですね。

映画化されることですし、もうちょっと盛り上げていけないかと・・・。
(映画化については、別途記事にしたいです)

ドラゴンランス セカンドジェネレーション(上巻)
ドラゴンランス セカンドジェネレーション(上巻)

なにをいまさらな感じですが、ドラゴンランス復刻版が出てからセカンドジェネレーションには何故か食指が伸びませんでした。
きっかけは、先日、ドラゴンランスを人に勧める機会があって、そういえば夏の炎の竜以降全て買っているけどセカンドジェネレーションだけは手にしてなかったと思い出した訳です。

収録作中で一番の目玉は、富士見書房版には収録されていなかった、「キティアラの息子」ではないでしょうか。
これを読まずに夏の炎の竜を読んでしまったのは失敗でした。
これを読んでいればスティールに対する思い入れは全然違ったと思います。
本作では、タニスとキャラモンがお笑いコンビのようになっているのも見どころ?です。
ただ、スタームとキティアラの下りは、スタームのイメージぶち壊し感が否めず、ちょっとがっかりです。

富士見版を知らない人でレイストリンのファンにとっては、「受け継ぎしもの」は必読です。
今後大きく活躍することになるパリンの物語りでもあるのでその点でも重要な作品です。
キャラモンの親馬鹿ぶりもほほえましい。

「賭けるか?」は、いかにも外伝的な脇道ストーリーのようですが、後で非常に重要なストーリーとなってきます。

これらの3作は夏の炎の竜にとって、どれも重要なプロローグです。
夏の炎の竜を読む前に是非読むべきです。

復刻版としては、伝説より前に出版されていますが、読む順番としては、
伝説の後、夏の炎の竜の前となります。
お間違えの無いように!

最近、日本語訳版が復刻して話題になった、アメリカン・ファンタジーの最高傑作「Dragonlance」(ドラゴンランス)シリーズですが、とうとう映画化されるかもしれません。

英語ソースの情報なので、真偽は定かではありませんが、
いままで何度もあった同様の噂の中ではもっとも信憑性がある気がしてます。

DRAGON HEARTHの掲示板での情報:

http://p098.ezboard.com/fdragonhearthfrm33.showMessage?topicID=4.topic

DRAGON HEARTHは、作者の一人である、トレイシー・ヒックマンのサイトのようです。
どうやら、PodCastingで言及されている(これからされる?)ようです。
(聞いてみましたが、全然聞き取れませんw)
掲示板の中で、トレイシー・ヒックマン本人が、「real movie in the works.」と書いています。

そもそもこの情報を知ったのは、Yahoo!GroupのDragonlanceグループからのメールですが、
メールを抜粋すると、

DRAGONLANCE MOVIE!
Usually, when I hear talk about a Dragonlance movie, I discount it.
Rumors of a Dragonlance movie have been around for years. Recently,
though, Tracy Hickman mentioned on his Dragonhearth podcast that a
movie was in the works, which he also confirmed on the Dragonhearth
message boards.

No details about the movie have been released as of this time. Keep
watching the Nexus for the latest!

ということです。
メールの抜粋はまずいですかね・・・。

ということで、詳細情報はまったくありませんが、本人が言及しているということで、可能性はかなり高いのではないかと思っています。(期待を込めて!)

超便利ツール!

リンク集


GPPointer
ゲームパッドでマウス操作と一部キーボード操作を行うための自作ソフトです。
アナログスティックで気持ちよくカーソルが動きます。
寝ながら快適にパソコンを操作する為に作りましたw
良ければ使ってください。

完全に動かなくなるまで乗りますよ?
車(日産パルサー)関係はこちらへ
走行22万キロを越した老車の記録です。
パーツインプレッションなども書いています。

ほくろぐ
友達のブログです。自作PC系の話題が豊富です。

陶器職人@momo
友達のブログです。自作陶器を製作&販売しています。
近辺にお住まいの方はお店(チャレンジショップ)に行ってみては?

ヌーディストライフ
ヌーディストの知り合いですw
僕はヌーディストではありませんがっw
BIGLOBEのブログランキングで常にTOP10に入るお化けブログですよ。

2008年1月: 月別アーカイブ

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

ログール

Amazon

AD

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちDragonlanceカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはDiaryです。

次のカテゴリはETCです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。