ANIME & GAMEの最近のブログ記事

PioneerのBlu-ray再生専用ドライブ「BDC-S02J」が大分安くなっていたので購入しました。
過去、DVDメディアへの書き込みを数回しかやっていなかったことを考え、おそらくBDディスクを作成することも無いと思いますので、あえて再生専用ドライブを買いました。

BDのソフトは一本も持っていなかったので「逆襲のシャア」を買ってみました。

早速、PCに取り付けて付属のPowerDVDで再生してみたところ、以下のような画面に・・・。

BD不具合

画面の下半分が流れてしまっています。
ちなみに、全画面にしないである程度小さい画面で再生すると、

BD再生

正しく再生できています。
PowerDVDが悪いのかと思い、WinDVDにしてみても結果はほとんど同じ。

PowerDVDの設定を弄ってもOS上書きインストールしても変わらないし、何が悪いかさっぱりわかりません。

とりあえず、パイオニアに問い合わせのメールを入れつつ、別のドライブにVistaを新規インストールしてそっちで試してみるとしっかり再生できてました。
これで、ハードウェアの相性の可能性は消えました。

XPでの表示の問題は、何かのソフトかドライバが干渉しているのだろうか・・・。

とりあえずVistaで再生できたので、パイオニアの回答をゆっくり待つことにします。
(こういった不具合はネットで探しても見つからなかったので期待はしていませんが)

それにしてもBlu-rayの解像度はすごいです。

フイルムだかセル画だかの上についているホコリまでばっちり見えまくりですwww
さらには、撮影時のピンボケとかセルの影とか背景の塗りの筆跡とか・・・。
実写モノのソフトも欲しくなりました。

劇場版「空の境界」のDVD1巻「俯瞰風景」が5/21発売、続く2巻「殺人考察(前)」が6/25、3巻「痛覚残留」が7/23と、3ヶ月連続リリースだそうです。
そのまま4~7巻も毎月発売かどうかは不明です。

第1巻の完全生産限定版の特典は、

・2枚組(本編DVD+第一章サウンドトラックCD)
・武内崇描き下ろしBOX
・第一章パンフレット縮刷版/特製ピンナップ/
 オリジナル特製小冊子封入 

ということです。







2ちゃんで見つけました。
非常に解りやすいですw

フリー配布のノベルゲームということで、内容も調べずになんとなくやってみたのですけど、これが面白かった。
現代の社会問題を題材に書かれているんですけど、例えば、「いじめ問題」、「差別問題」、「教育問題」、「教科書問題」、「宗教問題」、「エネルギー問題」など・・・。
大人になれば誰でもある程度は理解できることですけど、結構曖昧な理解しかなかったり、誤認していたりすることが多いかと思います。
このゲーム(というかノベル)は、これらの問題点を小中学生にも解る言葉で書いてますので、逆に大人が読んでも明快で解りやすい。
同人作品だからこそ書けるであろう、既存のメディアではまず取り上げられない様な危険な事も沢山書いてあります。
(作者が変な団体に目をつけられないか心配になってしまいますw)
このノベルを読んで、「中二病」と一言で済ます人もいるでしょうけど、現代社会には、これから解決しなければならない問題が沢山ありますので、本作は、まずその問題点を理解するのには最適な「教科書」と言えるのではないかと思いました。
(ゴーマニズム~とか読むよりは理解が速いですよ)
フリーですし、暇な人はやってみたらどうでしょう?

「悪の教科書 Textbook Of Evil」
http://www110.sakura.ne.jp/~sundervolt/suntop.htm

このネーミングセンスはいかにも中二病ですがw
ある意味目を引く良いタイトルなのかも?

車のつぎはバイクだ! 『ツーリスト・トロフィー』作品発表会が開催 / ファミ通.com

前々から、出してくれないかなーと思っていた、バイク版グランツーリスモというべきゲームがでるみたいですね。
今回の東京モーターショーで実際に遊べるようです。

しかし、車でさえ、いくらリアリティを追求しても本物の走行感は出せないのに、体全体で運転するバイクではどうなんでしょうね・・・。
ポリフォニーさんのことですからそのアタリの解決策も追及もされてるんでしょうね。
果たして、ナムコのMotoGPを超えるゲームになるでしょうか・・・。

ITmedia Games:ゴスロリ少女が大活躍――「ロンドニアンゴシックス〓迷宮のロリィタ〓」10月13日発売

世の中には色々なコンピューターゲームがありますが、これはかなり特殊な部類のゲームですね。
誰をターゲットにしているのか全く解らない設定です。

主人公が戦士とか勇者とかなら普通のアクションRPGっぽいのですが、このゲームの場合フリフリのドレスを着たゴスロリ少女です・・・。
しかも、ドレスを着る事でパワーアップって・・・。

N-DS用らしいですが、小学生がこれをプレイしていたらちょっと引きますね。かといって大人がやってても引きますが。

このゲーム、企画の段階から「ゴスロリ」だったのでしょうか・・・。普通にアクションRPG作ってみたけど普通すぎたんで主人公をゴスロリにしてしまったのではないかと邪推してしまいます・・・。

最後に、元記事で「ありそうでなかった本作だけに」って、いや、「ありそう」ではないだろ。

4Gamer.net

中国政府が中国国内でオンラインゲームの連続プレイ時間規制を行うかもしれません。
面白いのは、単純に長時間プレイできないようにする訳ではなく、時間に応じてゲーム内でのペナルティをかけるという点ですね。(3時間で一時的にLV半分、5時間でLV最低とは厳しいが)
規制を行うとなると、各ゲームのシステムに手を入れなければならなくなるし、場合によっては遊べなくなるイベントやクエストなんかもありそうです。

中国のオンラインゲーマーにとっては非常に厳しい規制になりそうですね。

GameSpot Live Player

ただのデモムービーかと思いきや、そのままゲーム画面らしきものに移行します。
まあ、実際のゲーム画面というか、ゲーム画面風にモーションを設定したのかと思いますが。

それにしても凄いクオリティです。
これがHDの解像度で表示される訳ですかね。

こちらでは、PS3で発売予定のゲームの画面が公開されています。

PS3の値段はいくらになるんでしょうかね。
ゲーム機なんだから5万以下にはなるだろうと思うけど、4万以下にはならなそうな予感がします。

ITmedia Games:“優しい”「イースIII」をしながら、微妙なお年頃ゲーマーは「イースIV」を思う (1/2)

なぜか、ナツゲー路線の話題が多いですが、今度はYs(イース)。
この記事を読んでいて、サブジェクトに挙げた単語のあまりの懐かしさに思わず反応してしまいました。
この記者、多分自分と同じ年代ですw

そういえば、デカキャラって単語を使わなくなりましたね・・・。
昔は、敵キャラ(主にボス)が普通のキャラよりデカイだけで話題になったものです。
(わかるとは思いますが、デカイキャラクター=デカキャラです。)
「半キャラずらし」や「?重スクロール」も、時代を感じさせます。
当時はフライトシミュレーターなど一部のゲームでしか3Dグラフィックは使用されていませんんでしたので、2Dで如何に3次元的な表現をするかという技術が模索されていました。
その技術の1つに多重スクロールがあります。
2重-とか3重-とか絵が何枚重なっているかで呼び方を変えていました。

パソコン雑誌のゲーム紹介なんかでは、デカキャラとか3重スクロールとかの単語が、!マーク付きの大きなポイントで書かれたコピーが踊っていたものです。

非常に懐かしいが新作をやる気には全くならないのが不思議なところ・・・。

Teko's Homepage

これはこれで面白いですな。
しかし、エメドラとか途中まで普通に遊べるところが凶悪ですw

昔は今ほどソフトウェアの著作権についての意識は少なかった気がしますが、それでも、コピープロテクトが掛かったソフトは今よりも多かったですね。

ただ、コピー元の入手先が「知り合い」以外に無かったので、今ほどは不正コピーは少なかったかも知れないですが・・・。

超便利ツール!

リンク集


GPPointer
ゲームパッドでマウス操作と一部キーボード操作を行うための自作ソフトです。
アナログスティックで気持ちよくカーソルが動きます。
寝ながら快適にパソコンを操作する為に作りましたw
良ければ使ってください。

完全に動かなくなるまで乗りますよ?
車(日産パルサー)関係はこちらへ
走行22万キロを越した老車の記録です。
パーツインプレッションなども書いています。

ほくろぐ
友達のブログです。自作PC系の話題が豊富です。

陶器職人@momo
友達のブログです。自作陶器を製作&販売しています。
近辺にお住まいの方はお店(チャレンジショップ)に行ってみては?

ヌーディストライフ
ヌーディストの知り合いですw
僕はヌーディストではありませんがっw
BIGLOBEのブログランキングで常にTOP10に入るお化けブログですよ。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

ログール

Amazon

AD

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちANIME & GAMEカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはAUDIO VISUALです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。