新PCのレビュー

| | コメント(0) | トラックバック(0)

【CPU】Intel Core2Duo 2.66GHz (E6750)

今まで使っていたPentium4よりもクロック数が低いのでどうなのかと思っていましたが、さすが設計が新しいCPUは違いました。
普通に速いです。体感で2倍くらいに感じます。
コアが2個あるので、何かの作業中も重くならずに他の作業ができます。
どうやら、同クロックのPentium4と比べて2倍くらいの性能はあるらしいです。
クロック数に騙されてはいけませんねw
あと、熱くなりません。
Pentium4(プレスコット)は、最高レベルの空冷クーラーを取り付けた状態で、アイドル状態でも60度くらいだったのが、リテールクーラーでアイドル状態で36度とかw
えっと、人間の体温くらい?

【グラフィックカード】GeForce 8800 GT搭載、玄人志向 GF8800GT-E512G

GeForce8800GTといえば、nVidiaの最新チップの一つですが、GF8800の中でもGF8800GTはランクで言うと上から3番目位の性能です。上にはGXとかGTSとかがありますが、GTSでも4万しますので今回は3万以下で買えて、手に入る中でももっとも良さそうな玄人志向のオリジナルファンモデルにしました。
8800GTといえば、発売当時その爆熱具合で話題に上りましたが、2スロット占有するオリジナルファンのおかげで余り熱くならないようです。
しかもFANの音も静かです。
オーバークロックしたらどうだかわかりませんが、定格で動かすのであればかなりお勧めできます。
ベンチマークとかも取りましたが、結果は面倒なので載せません。
簡単に言うと、Oblivionを1920x1200で最高設定(一番右の設定)にしてもぬるぬる動きます。

【電源】剛力プラグイン550W

電源から、各種接続用の線が出ていません。(マザボ用電源だけは出てます)
後は必要な線だけ取り付けて使います。
おかげで、電源ケーブルでごちゃごちゃになりがちなケース内がすっきりしました。
ファンも大型のを使っていて、使用ワット数に応じて回転数を上げるようなので静音ということもあるようです。
安い電源の倍くらいの値段なので、そこそこきちんと動いてくれないと困りますが、大丈夫そうな印象です。

【マザーボード】ASUS P5K-E

オンボードサウンドのコントロールソフト類がダサいとか、チップセットドライバなどの一括インストーラーの挙動がイマイチとかありますが、オンボードサウンドは使わないし(オンボードはノイズが乗るので、USB外付け音源使ってます)、ドライバは一個ずつインストールすればOKだしで、特に問題ないです。
SATAのコネクタがいかにもグラフィックカードと干渉する場所にあるのはどうかと思うけど、L型端子の線が一個付属しているので安心です。
欲を言えば、PATA端子をもう一個用意してほしかった。(一個しかありません)

【総括】

まったく冒険していないけど、今の時点でベストな機器選択だと思います。
もうすぐ新型Core2とか出るらしいけど、まあ、それを言ったらいつまでも買えないのでこれで十分満足です。
ケース類も買ったとしても、全部で10万で収まるので、コストパフォーマンスは最高ですよ。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新PCのレビュー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nishik-t.com/mt/mt-tb.cgi/356

コメントする

超便利ツール!

リンク集


GPPointer
ゲームパッドでマウス操作と一部キーボード操作を行うための自作ソフトです。
アナログスティックで気持ちよくカーソルが動きます。
寝ながら快適にパソコンを操作する為に作りましたw
良ければ使ってください。

完全に動かなくなるまで乗りますよ?
車(日産パルサー)関係はこちらへ
走行22万キロを越した老車の記録です。
パーツインプレッションなども書いています。

ほくろぐ
友達のブログです。自作PC系の話題が豊富です。

陶器職人@momo
友達のブログです。自作陶器を製作&販売しています。
近辺にお住まいの方はお店(チャレンジショップ)に行ってみては?

ヌーディストライフ
ヌーディストの知り合いですw
僕はヌーディストではありませんがっw
BIGLOBEのブログランキングで常にTOP10に入るお化けブログですよ。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

ログール

Amazon

AD

このブログ記事について

このページは、nishik-tが2008年1月 3日 18:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マザボ交換すると色々と面倒なことが起きます」です。

次のブログ記事は「P5K-EでUSB機器の電源連動機能を生かすには?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。