デジタルコンテンツの著作権管理

| | コメント(2) | トラックバック(0)

最近、何故か次世代のデジタルコンテンツの著作権管理システムを考えなければいけないという強迫観念めいたモノにとりつかれていて、通勤中とかにずっと考えてたりします。
まあ、考えたところで採用されるわけも無いのだが・・・。

以下、暇な人だけ読んでください。

1つのアイデアは、「デジタルコンテンツ利用権」というもの。
全てのデジタルコンテンツは「デジタルコンテンツID」を持ち、消費者は、このIDに対する利用権(=デジタルコンテンツ利用権)を購入します。
購入したIDの情報はICカードなどに保存するのがベストかもしれませんが、デジタルコンテンツ管理局なるものが存在し、そこのサーバーにも情報のコピーが記録されます。
(この情報が漏れると危険かも)

利用権を購入すると、一定の期間(著作権の有効期間と同じ?)は、自由にそのコンテンツを利用することが可能です。(個人的な目的でコピーが可能)
万が一、コンテンツを消失しても、著作権料を除いた実費だけで再購入できたり、再ダウンロードできます。

デジタルコンテンツには、利用者にとって不利益な、コピーガードや、不可逆圧縮などは基本的に掛けません。

また、他人にコンテンツをあげる事が許可されています。
ただし、貰った人は、一定期間以内にデジタルコンテンツ利用権を購入しなければいけません。
(このあたりは良く考えなければなりません・・・)

デジタルコンテンツを作る側は、世に出す為には必ずデジタルコンテンツIDを発行してもらわなければなりません。(発行しない場合は、著作権を放棄したと見なす)
利用権の価格も自由に決定します。

このシステムは、デジタルなものだけに適用されるので、CDなどの場合、ジャケットやCDのディスクなどには適用されません。中身のデータに対して適用します。
店舗でCDを購入する場合は、収録曲全てのデジタルコンテンツ利用権料+ジャケットやディスクの代金を支払います。
レコード会社や、販売店はデジタルコンテンツ以外の部分で利益を出す必要があります。

さて、CDの例でいくと、例えばある曲のシングルCDを購入したとしましょう。
そこには2曲収録されているとします。
消費者は、この2曲に対して利用権を購入することになります。

その後、その2曲+10曲、計12曲を収録したアルバムが発売されたとしましょう。
消費者は、2曲の利用権は既に購入しているので残りの10曲分の利用権のみで購入可能です。
ネットでデジタルデータをダウンロードで購入する場合にも利用権を購入済みの曲に対しては利用権を重ねて払う必要はありません。手数料だけで購入可能です。

ただ、シングル版とアルバム版では曲のアレンジが違ったりするかもしれません。
でも、それが違う曲かどうかは製作者が決めます。
まあ、大抵は同じ曲と見なされることになるでしょう。消費者の反感は買いたくないですし。


この仕組みで、コピーが横行することになるでしょうか?
でも、横行したとしてもそのうちの何割かはキチンと利用権が購入されるでしょう。

デジタル史?を顧みると、どんなにガードを厳しくしてもコピーが無くなる事は無いので、コピーデータに対して料金を回収できる仕組みを用意することが重要なんだと思います。
また、友達に対してデータをあげるという行為が合法的に行えれば、今よりも多くの人にコンテンツを利用してもらう事が可能かもしれません。
そして、より自由にデジタルコンテンツを利用できることで、消費者が購入する意欲も沸くと思います。

製作者と消費者が直結することになり、誰でも自作のデジタルコンテンツを売り出す事が可能になります。
また、最近は悪者扱いされているP2Pファイル交換(共有)ソフトも本領発揮できるでしょう。

#自分は専門家でもないし、このアイデアも妄想みたいなものなので、システム的に色々と穴があると思います・・・。ですので、あまり突っ込まないでねw

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デジタルコンテンツの著作権管理

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://nishik-t.com/mt/mt-tb.cgi/140

コメント(2)

>デジタルコンテンツを作る側は、世に出す為には必ずデジタルコンテンツIDを発行してもらわなければなりません。(発行しない場合は、著作権を放棄したと見なす)

って面白いね。特許みたいに申請中とかあってもいいかもw
んで、まとめて買えば安くなるみたいな値引きが難しそうだね。
安売りなんて仕組みも難しそう。

利用権料の9割は、著作者に行くべきだと思うんだよね。
残りの1割は、このシステムの維持費にあてる。
値引きだけど、例えば、CDなんかの場合は、アナログな部分(パッケージなど)は従来の方法で流通するので、その部分の価格で値引きは可能だと思う。多分、利用権料は値引きしちゃまずいよね。

それにしてもこういうモデルって誰が考えることになるのかな。
今までの商品の流通モデルは自然発生的なものだけど、デジタルになるときっちりルールを決めないとまずいんじゃないかって思う。

コメントする

超便利ツール!

リンク集


GPPointer
ゲームパッドでマウス操作と一部キーボード操作を行うための自作ソフトです。
アナログスティックで気持ちよくカーソルが動きます。
寝ながら快適にパソコンを操作する為に作りましたw
良ければ使ってください。

完全に動かなくなるまで乗りますよ?
車(日産パルサー)関係はこちらへ
走行22万キロを越した老車の記録です。
パーツインプレッションなども書いています。

ほくろぐ
友達のブログです。自作PC系の話題が豊富です。

陶器職人@momo
友達のブログです。自作陶器を製作&販売しています。
近辺にお住まいの方はお店(チャレンジショップ)に行ってみては?

ヌーディストライフ
ヌーディストの知り合いですw
僕はヌーディストではありませんがっw
BIGLOBEのブログランキングで常にTOP10に入るお化けブログですよ。

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.1

ログール

Amazon

AD

このブログ記事について

このページは、nishik-tが2004年11月10日 00:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「血液型判定」です。

次のブログ記事は「かっこいい包丁」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。